衣裳の柄(デザイン)の意味

松竹梅

吉祥文様(縁起が良い文様)として有名な松竹梅。
松竹は冬の寒さに耐えいつも緑を保ち、梅はいち早く花を咲かせることから、めでたい文様として祝儀には欠かせないものとなっています。

 


太陽になぞらえ百花中の最上位とされている菊は、皇室の御紋にも使われています。
延命長寿や万代に子孫の繁栄を願う気持ちが込められています。

 


日本の国花である桜。栄(さかえ)、盛(さかり)、幸(さち)などの繁栄を表す言葉が語源とされる説や、咲き誇るように花をつけるので咲き麗(さきうらら)から変化したという説があります。
季節を問わず使われるようになったのは最近の傾向です。

 

牡丹

日本では古くから「立てば芍薬(しゃくやく)座れば牡丹」というように美人の形容に使われている豪華で艶美な牡丹。
唐草と組み合わせた牡丹唐草文様は特に有名です。

 

花車

花で飾った御所車、四季の花を盛り込んだ籠を積んだ車など様々な表現があります。
いずれも華麗な古典柄として着物や帯などに多く使われています。

 

雪輪

日本では雪を豊年の象徴としてきました。
雪輪の中に違う文様を入れたり、文様の区切りに用いたりします。
能装束を含め、多くの着物や帯に使われる文様です。

 

扇面

人間の魂はじっとしていると底に沈むという発想や習わしから、魂を振り動かす目的で考案されたようです。
末が広がることから吉兆の意味になぞらえ縁起の良い文様とされています。

 


鶴は千年、亀は万年がその意味で、寿命が長くめでたいことを表します。
その意味から長寿の縁起物として尊ばれています。
もともと鶴は霊鳥とされていて、昔から文様や紋章にさかんに用いられます。

 

鳳凰

古代中国に伝わる霊鳥で、世の中に聖者が現れた時のみ出現飛来するといわれていました。
鳳凰は王権の象徴ともいわれ貴族に幅広く愛されました。

 

おしどり

「君子万年(長寿を祈る語)」を寿ぐめでたい鳥として、また夫婦円満の象徴とされてきました。
柄の歴史も古く、奈良時代の正倉院の中にも残っています。

ページトップへ