小物の意味

打掛

掛け下帯

掛け下に用いる帯。昔は、徳川時代の大奥や大名の屋敷などに見る打掛姿の婦人が用いたもの。巾は7寸、長さは1丈。現代では掛け下同様セパレートタイプの付け帯型も使われている。打掛をはおった時背中にきれいな丸みが出るよう考えられた掛け下結びにする。

 

丸ぐけ・抱え帯

帯がほどけないように、帯の中央に最後に締める紐を丸ぐけという。装飾的な役割も強い。抱え帯はもともとは着物の裾をたくし上げたとき裾を押さえるために使っていたが、現在では掛け下帯の下部に添え、帯姿に風格を出す装飾的なもの。

 

掛け下

打ち掛けの下に着る、上質の絹の振袖。素材は光沢のある綸子地に、紗綾形や立涌などのおめでたい地紋を織り出したもの。共生地の八掛付にして胴裏には白の羽二重をつける。また比翼仕立てという下着の各部分を簡単にこしらえて上着につけ、二枚を重ねたように見せる仕立て方のものを用いている。現代ではその比翼に色を用いているものもある。生地も交織・化繊または色物も使用している。また二部式掛下や種類も豊富になっている。

 

懐剣

武家の女性が護身用に短刀を帯の間に入れていた風習が今に伝わったもの。当時結婚は家と家との間で決められることが多く、一度嫁いだら死んでも帰らないと言うそれなりの覚悟をもって嫁いだ花嫁の決意を表すともいわれる。

 

末広

扇子は広げたときに先が広がることから、末広がりで縁起が良いものとして、古くから正装には欠かせない。昔は「心を契る」と言う意味が込められていた。花嫁は表が金、房まで白のものを持つ。色打掛や黒引き振袖を着るときは、房を紅白のものや、色物に替える。

 

筥迫

武家の女性が身だしなみ用として胸元に入れておいた小物が正装用に転じたもの。当時は中に懐紙や鏡、小銭など入れ胸元を飾った。金襴、緞子、紋織、佐賀錦などに刺繍や切付けしたものが多く、落とし巾着を帯にはさんで、鎖簪のびらを外に垂らして端をのぞかせたりもした。

 

お引き振袖

丸帯

通常の帯の倍の幅で織り上げたものを二つ折りにして芯をいれ、片方を縫い合わせて仕立てた帯。有職文様・吉祥文様等を織り出し、表裏共に柄が出る様になる為重みがあり、非常に豪華な仕上げになっている。帯の中では最も格が高い。

 

筥迫

懐紙や白粉、紅筆、鏡などの化粧道具を入れ、懐に入れて持ち歩いた小物入れ。現代は装飾的なもので、懐中鏡の端に付けた銀のビラかんざしは、お引き振袖をさらに華やかに見せる。箱迫の色目は、帯揚げ、帯締め、抱帯又はしごきに合わせるのが一般的。

 

懐剣

白無垢、色打掛では必ず懐剣を帯に挿しますが、お引き振袖の場合必ず挿さなければいけないものではない為、使用するかしないかは場合によって異なる。

 

末広

花嫁が持つ扇子。礼儀的に持つもので扇ぐものではない。お引き振袖の場合、紅白の房が付いたものを使用する。持ち方は、末広を床と水平にし、右手で房の付いた根元の方を指先で軽く持ち、左手で下から支える様に指先をそえて持つ。

 

しごき(抜き帯)

お引き振袖や七五三の衣裳に用いる飾りの帯。抱え帯の代わりにしごきを使用すると、より華やかさが出る。一幅の布地をしごいて帯に巻き、左後ろに蝶結びにして垂らす。

 

帯結び

結び方は数種類あるが、「立て矢」と言う結び方が一般的。前から見た時に、肩から帯の羽根がのぞくような形で、とても華やか。後ろ姿は、体に対して帯の羽根が斜めになる為、すっきりとして見える。

 

帯揚げ

帯揚げは背中で帯枕を包んで前にまわし、胸もとを飾る。振袖には絞りの帯揚げをよく使い、縮緬の無地や刺繍入りの帯揚げを用いるのも洒落ている。帯揚げの色は帯や振袖の中の一色を使うのが一般的な方法だが、伊達衿の色と同系色で揃えるとモダンに、反対色を用いると華やかになる。

ページトップへ